レーザー脱毛クリニックランキングはこちら
脱毛サロンランキングはこちら
アリシアクリニックの口コミと全身脱毛体験談!
リゼクリニックの口コミと全身脱毛体験談!
レジーナクリニックの口コミと脱毛体験談!

VIO脱毛料金比較表!安いのはどこ?5つの脱毛サロンとクリニックを比較

このページでは、最近特に人気を集めるデリケートゾーン(VIOライン・ハイジニーナ脱毛)をセット価格で行っている脱毛サロン&医療レーザー脱毛クリニックの料金を徹底比較しました!
VIOラインは、特に水着を着る夏までに脱毛したいという方が多い部位ですね。
一番安くVIO脱毛が出来るのは、どのサロン・クリニックなのでしょうか?
最新のキャンペーン価格を比較しています。

目次
  1. 医療レーザー脱毛クリニックのVIO脱毛料金を比較!
  2. 脱毛サロンのVIO脱毛料金を比較!
  3. VIOラインの範囲とは?
  4. Vラインはどんな形にしている?どの形が一番人気?
  5. 脱毛する前に!VIOラインのシェービングの方法

医療レーザー脱毛クリニックのVIO脱毛の料金を比較!

まずは永久脱毛が出来る、クリニックの医療レーザー脱毛のVIO料金を比較しました!
5つの人気クリニック、アリシアクリニック・湘南美容クリニック・リゼクリニック・クレアクリニック・レジーナクリニックを比較しています。

湘南美容
湘南美容クリニック
アリシア
アリシア
クレア
クレアクリニック
レジーナ
レジーナ
リゼ
リゼクリニック
回数 9回 8回 脱毛し放題
good
8回 5回 5回
料金 82,620円
good
92,880円 118,800円
good
88,128円〜 84,000円 98,800円
1回当たり 9,180円 11,610円 11,016円〜 16,800円 19,760円
店舗 全国 心斎橋
名古屋駅前
池袋
新宿西口
新宿東口
表参道
渋谷
銀座
上野
立川
横浜
船橋
大宮

町田
川崎
新宿
渋谷
大阪梅田
心斎橋
名古屋
銀座
新宿
渋谷
表参道
池袋
上野
福岡
札幌
新宿
渋谷
横浜
大宮
梅田
心斎橋
神戸三宮
京都四条
名古屋栄
仙台
新潟
広島
福岡天神
青森
盛岡
いわき
郡山
四日市
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

比較結果!

一番安いのは湘南美容クリニック!

全国展開している大手美容外科クリニックの湘南美容クリニックが、さすがの安さですね!
VIO9回で9万円を切るお値段は、他のクリニックでもなかなか無いのではないでしょうか。
クリニックでしっかり9回脱毛すれば、どんな方でも生えてこなくなると思いますのでおすすめです。

 

>湘南美容クリニックの詳細は公式サイトから!

 

湘南美容クリニック

アリシアクリニックは脱毛し放題がお得!

次いで、アリシアクリニックもかなりお得な料金になっています。
こちらは8回で9万円ちょっと。湘南美容クリニックよりは少しだけ高いものの相場よりは断然お安めです。
さらに、アリシアクリニックには「脱毛し放題」のコースがあります。
毛深くて何回で終了するのか不安な方は、ぜひ脱毛し放題を選んでください。
12万を切っているので、本当にお得ですよ。

 

>アリシアクリニックの詳細は公式サイトから!

 

アリシアクリニック公式サイトはこちらをクリック

形が決まっていて良いならクレアクリニックも安い!

ショーツからはみ出るムダ毛だけを脱毛したいなら、クレアクリニックが6回で88,128円となっています!
ちなみに自由な形に、広範囲にVIO脱毛をしたい場合は、「デザインハイジニーナ」というコースとなり、8回の価格は1243,416円となります。
この価格と比べてしまうと、アリシアクリニックの脱毛し放題がかなりお得な事がわかりますね。
クレアクリニックは、新宿本院と、水金土日のみ開院している渋谷院しかないので、その点はご注意下さい。

 

>クレアクリニックの詳細は公式サイトから!

 

クレアクリニック公式サイトはこちらをクリック

予約の取りやすさならレジーナクリニック!

昨年新しく開院し、店舗数も徐々に増えているレジーナクリニックは、5回で8万円台と、上位3クリニックよりは高いものの、予約の取りやすさで人気を集めています。
6回目以降は、お値段がぐっと下がるのも魅力ですよ。
また、シェービング料金が完全無料なのも嬉しいポイントです!
現在の店舗は下記になるので、お近くにお住いの方はぜひチェックしてみては?
【大阪梅田・心斎橋・名古屋・銀座・新宿・渋谷・表参道・池袋・上野・横浜・福岡・札幌】

 

>レジーナクリニックの詳細は公式サイトから!

 

レジーナクリニック公式サイトはこちらをクリック

脱毛サロンのVIO脱毛の料金を比較!

最近は全身脱毛専門の脱毛サロンが増えていますが、部位ごとの脱毛も行っているミュゼプラチナム・エピレ・ストラッシュ・銀座カラー、そしてVIOライン専門サロンのPulito(プリート)を比較してみました。
ストラッシュや銀座カラーは脱毛し放題のプランもあるので要チェックです。

ミュゼ
ミュゼ
エピレ
エピレ
ストラッシュ
ストラッシュ
プリート
pulito
銀座カラー
銀座カラー
回数 4回 8回 12回
good
脱毛し放題
good
12回
good
脱毛し放題
good
料金 36,000円 69,600円 77,980円 110,980円
good
79,000円 月額5,200円(総額151,152円)
キャンペーン・特典 両わき+Vライン無制限も付いてくる!
good
6回以上の契約でVIO脱毛2回無料 6回以上はシェービング無料 現在全コース50%OFF!満足したら返金・Vラインプレートプレゼント・Sパーツ3回プレゼント
good
乗り換え割・ペア割が最大2万円OFF!学割あり!
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト

比較結果

ストラッシュは脱毛し放題が安い&早い!

ストラッシュは、回数制も12回で8万円を切る安さなのですが、脱毛し放題も安いのでおすすめです!
6回以上の契約ならシェービングが無料になるといううれしいポイントもあります!
SHR脱毛を採用しているストラッシュは、痛みが本当にほぼ無いのが特徴!
そして、他の脱毛方式と全く違う為、なんと2週間に1回脱毛が出来たり、肌が黒ずんでいる方や日焼けしている方でも問題無く脱毛できるのが特徴です。
店舗は多くはありませんが、関東・東海・関西・九州に展開しているので、お近くの方はぜひチェックしてみてください。

 

>ストラッシュの詳細は公式サイトから!

 

銀座カラーなら脱毛し放題!

VIOラインをとことん徹底的に脱毛したいのなら、銀座カラーの脱毛し放題もおすすめです。
店舗も全国に51店舗と、通いやすいのも特徴です。
月額制なので支払やすさも◎ですね!

 

>銀座カラーの詳細は公式サイトから!

 

銀座カラー 脱毛キャンペーン

ミュゼならVラインは脱毛し放題!

ミュゼは回数は4回までの金額しか提示されていませんが、VIO全体のお値段で、Vラインと両わきの脱毛し放題が無料で付いてくるんです!

 

Vラインは水着からはみだしやすい部分ですし、毛の濃い方は回数を重ねないと脱毛が完了しない部位でもあるので、やはりお得感がありますよね。

 

詳しくは公式サイトを確認してみて下さいね。

 

>ミュゼプラチナムの詳細は公式サイトから!

 

バナー原稿imp

エピレなら+2回、さらにVライン6回も

VIOライン脱毛の回数を多くやりたい!という方なら、エピレがおすすめ!
エピレなら、6回以上のプランを申し込めば、VIO脱毛ファーストプラン(2回で6,000円)が無料になります!
なので、8回のプラン(69,600円)で実質10回は出来ることになるんです。

 

さらに、現在両脇+Vライン脱毛は6回でなんと700円になっているので、先にそちらを申し込むのもありですね。

 

>エピレの詳細は公式サイトから!

 

バナー原稿imp

プリートなら広範囲のVIO脱毛が可能!

プリートのVIOラインの範囲

 

ハイジニーナ脱毛専門サロンのプリートのVIOライン脱毛は、他のサロンに比べてかなり広範囲にしてくれます!
Vラインは骨盤全体〜太ももの付け根あたりまで、Iラインも広範囲なので、ムダ毛が多い方におすすめです!
しかも現在一部コース50%OFFキャンペーンを行っているので、12回でも8万円以下で出来るのが嬉しいですね♪

 

>プリートの詳細は公式サイトから!

 

バナー原稿imp

VIOラインの範囲とは?

VIOラインをはじめて脱毛したいと考えている方は、一体どこからどこまでの範囲を脱毛出来るのか、詳しいことはご存知ないという方も多いのではないでしょうか。
ここからは、VIOラインの脱毛について、みなさんが疑問に思いやすい事についてお教えしたいと思います!

 

Vラインの範囲って?上部とサイドがある?

Vラインとは、いわゆるビキニラインとも言われる部分の事で、デリケートゾーンの逆三角形に毛が密集している部分の事を言います。
きちんとお手入れしておかないと、水着や下着の上や横からムダ毛がはみ出してしまう事もありますよね。
Vラインの脱毛をすると、それを防ぐことが出来るんです。

 

このVラインですが、脱毛サロンやクリニックによってさらに細かく部位が分かれている場合もあります。

 

Vラインの部位

 

Vラインサイド

Vラインサイドは、下着や水着の横からはみ出す部分です。
このサイドの部位を、「Vライン」と呼ぶサロンやクリニックが多いです。
下着ラインの1〜2pぐらい内側までを指す事が多いようです。

Vライン上部(トライアングル上)

Vライン上部(トライアングル上)は、浅めの下着などを穿いた時にはみ出してしまう部分です。
ムダ毛がはみ出すのはみっともないので、脱毛する人が多い部位です。

Vライン下部(トライアングル下)

Vライン下部(トライアングル下)は、デリケートゾーンに近い部分なので、脱毛しない人が多いですね。
ただ、毛が濃いと雑菌が繁殖しやすくなるので、数回脱毛して多少薄くしておくのもいいでしょう。

完全につるつるにするのもOK!

このVラインの脱毛ですが、まったくの無毛にする、いわゆるパイパンという状態にする事も出来ます。
でも、それでは友達と温泉などに行った時に恥ずかしい、という人もいると思います。
だから、どのサロンやクリニックでも、残したい形を指定して脱毛する事が出来ますので安心してください。

 

Iラインの範囲って?

Iラインの範囲

 

Iラインとは、デリケートゾーン(陰部)の周囲、粘膜以外の部分になります。
粘膜とは、湿っている部分の事でほとんどのサロンやクリニックでは脱毛してもらえませんが、どなたも粘膜上はそれほど毛が生えていませんから、皮膚の部分の脱毛だけでも十分です。
この部位は特に雑菌が繁殖しやすかったり、臭いの原因になるので、衛生上の観点からも脱毛する事をおすすめします。
ただ、完全につるつるにするとちょっと不自然感も出るので、Vラインとつなげる感じで上の方から徐々に薄くしていくのが人気なようですよ。

 

Oラインの範囲って?

Oラインの範囲

 

Oラインとは、肛門を取り囲むように毛が生えているところの事です。
お尻全体の脱毛ではなく、あくまで肛門周りだけになります。
脱毛の範囲としてはかなり狭い部分になりますが、自己処理をするのが難しい部分でもあります。
ここを脱毛する時は、うつ伏せになって足を開き、ショーツを片方に寄せて照射する場合と、横向きに寝て上になっている脚を曲げ、体を斜めに倒して照射する場合の二通りの態勢があります。
肛門周りの脱毛なんて恥ずかしい、と思う人もおられるかもしれませんが、施術は一瞬で終わりますし、女性が施術をしてくれるところが多いのでそれほど恥ずかしがる必要は無いですよ。
Oラインのムダ毛は必要が無い部分なので、基本的には完全につるつるにするのが一般的のようです。

 

サロンやクリニックによって範囲は違うの?

IラインやOラインについては、ほとんどのサロンやクリニックで同じところを指す場合が多いんですが、Vラインは範囲が違う場合があります。
上部やサイドを合わせて丸々一つのVラインとして扱うところもあれば、上部、中部、下部、両サイドの5か所に分けているところもあります。
サロンやクリニックによって分け方は違いますから、脱毛する際は確認しておきましょう。

Vラインはどんな形にしている?どの形が一番人気?

Vラインは、自分の好きな形にデザインして脱毛する事が出来ます。
自由ではありますが、一般的に下記のようなデザインにする方が多いようです。

 

Vラインのかたち

 

中でも、最も人気が高いのは逆三角形に整える形です。
上部や両サイドの下着からはみ出してしまうところだけを脱毛する人が多いんですね。

 

また、まったくの無毛にする(ハイジニーナ・パイパン)、というのも意外に人気があります。
蒸れから解放されて清潔さを保つ事が出来るのが、人気の理由のようです。

 

自然な形を好む方は、Uラインやスクエア型(台形)のカタチを選ぶ方もいるようです。

 

意外に人気なのがハート型で、「彼も喜んでくれた」という声もあるようですね!

脱毛する前に!VIOラインのシェービングの方法

脱毛する前には、自分で自己処理をしていかなければいけないところがほとんどです。
中には剃毛サービスがあるところもありますが、剃り残しがあると追加料金を取られるところもありますし、施術をしてくれないところもあります。
自己処理の方法は、長い毛をはさみで切り、残りを電気シェーバーで処理するのが基本です。
毛抜きを使うとダメージを与えるべき毛根までなくなってしまうのでNGです。
Vラインは、自分の残したいデザインで処理をしてください。
VIOラインはデリケートな部位ですから、自己処理後は保湿を忘れないようにしてくださいね。

まとめ

クリニックと脱毛サロンのVIOライン脱毛の料金の比較や、VIOラインの知識をご紹介しました!
まとめると

という結果となりました!
VIOは時間がかかる部位ですから、管理人的におすすめなのはやはり脱毛し放題プランです。
お財布と相談しながら検討してみて下さいね。