レーザー脱毛クリニックランキングはこちら
脱毛サロンランキングはこちら
アリシアクリニックの口コミと全身脱毛体験談!
リゼクリニックの口コミと全身脱毛体験談!
レジーナクリニックの口コミと脱毛体験談!

脱毛を始める時期はいつ頃がベスト?

脱毛って、夏目前かもしくは夏真っ盛りに、
サロンへ駆け込む方が多いというイメージがあります。
実際、夏が近づくとお得なキャンペーンが目白押しになりますしね。

 

脱毛を始める時期はいつ頃がベスト?

 

とりあえず脱毛できれば・・・という方は、季節を問わずいつでも良いかと思います。

 

ですが、夏までに脱毛処理を完璧に終わらせておきたいと考えるなら、
いつ頃がベストか考えなくてはいけません。
というのも、サロンで実施している本格的な脱毛は長い期間を要するからです。
ですから、今年の夏から始めるのなら完了するのは、まだ先ということになるわけです。
とは言え、通うごとに毛穴が目立たなくなり、
ムダ毛は生えてくる間隔が空いてくるので、自己処理は楽になっていくでしょう。
ちなみに、サロンに通っている間の自己処理はカミソリ以外は使用してはいけません。
毛抜きやクリーム、脱毛器などを使ってしまうと、
毛の周期が乱れてしまい、施術に影響してしまうからです。

 

それから、夏に脱毛を開始する方にもうひとつ注意しておいて欲しいことがあります。
それは”日焼け”です。
ワキ脱毛でしたら、直接日に当たることは少ないので、それほど心配はありませんが、
日に当たりやすい部位の脱毛をしている場合は、注意してください。
サロンやクリニックの脱毛方法である、光脱毛やレーザー脱毛は黒い色素に反応します。
ですから、毛だけではなく日焼けした毛穴や肌にも反応してしまい、
日焼けによる炎症を更に悪化させてしまう危険があるのです。
また色素沈着を起こしてしまう恐れもあります。

 

夏の強い日差しの中で脱毛サロンに通うよりは、
紫外線が弱い秋から冬にかけて通ったほうが負担は軽いと言えますね。

 

夏に脱毛サロンへ通う方は、日焼けクリームや紫外線をカットするアイテムを活用して、
肌を守ってあげてくださいね。

 

脱毛がNGな時期や条件とは?

上記で、日焼けした部位には照射ができない、すなわち脱毛ができないと伝えました。
では一体、脱毛ができない条件はいくつあるのでしょうか。
これは知っておいて損はないと思いますよ!

 

タトゥ箇所

タトゥ
日焼けとほとんど同じ理由ですが、タトゥーをしている部分は施術を受けることができません。
それはタトゥーの部分にレーザーが当たると熱を発して火傷してしまう可能性があるからです。

 

ニキビや傷

ニキビ
傷跡、ニキビ、あざなどがある場所もその個所は施術を受けることができません。
それもまたレーザーの熱で火傷してしまう可能性があるからです。
その他に、肌が極端に弱かったり、ケロイド体質、光過敏症などの方も施術を断られるのが一般的です。
やはりレーザーを照射するということはある程度肌に刺激を与え負担が生じることだからです。

 

生理中

生理
生理中においては、デリケートゾーンの施術を行うことができません。
デリケートゾーン以外の部分に関してはレーザーを照射することはできますが、生理中はいつもより肌や神経が敏感になっていて痛みを感じやすかったり赤みがなかなか引かなかったりすることがあるので注意することが必要です。

 

妊娠・授乳中

妊娠
妊娠・授乳中はホルモンバランスが崩れている状態なので、肌が敏感で弱くなっています。
そのため妊娠・授乳中の施術は断られることが多いですが、クリニックによっては施術を認めてくれるところがあったり、再開することができる条件が異なっているのでよく調べることが重要です。

 

ここまで、日焼け以外にもどのようなケースでレーザー脱毛をすることができないかについてみてきましたが、いかがでしたか?
何よりも各所のケースについてしっかりとクリニックや美容皮膚科に聞き、カウンセリングを受けることが大切です。